シングルマザーシェアハウス 第11話
マザーポートのあゆみ

シングルマザーシェアハウス 第10話
マザーポートの誕生

シングルマザーシェアハウス 第9話
新たなペアレンティングホームと挫折

シングルマザーシェアハウス 第8話
シングルマザーシェアハウスのメリット

シングルマザーシェアハウス 第7話
ペアレンティングホーム高津

シングルマザーシェアハウス 第6話
出会い

シングルマザーシェアハウス 第5話
シングルマザーシェアハウス誕生前夜

シングルマザーシェアハウス 第4話
建築家として伝えたいこと

シングルマザーシェアハウス 第3話
住居を確保することができないということ

シングルマザーシェアハウス 第2話
社会背景と母子ハウスの意義

バックナンバー

 

No.11
マザーポートのあゆみ

2015年から始動したマザーポート。
1年目は掲載数がたったの2件。

やらなきゃダメだ。とにかく必要としている人たちに情報を届けなくては。という危機感もあり、勢いに任せてサイトを開設したものの、当初の3年間ほどはとても低調な動きになってしまった。

掲載数も増えていかないし、閲覧数の伸びも芳しくない。

当然、マザーポート経由の問い合わせも月に1件あればいい方という感じだった。

2年目の2016年は新たに2件のハウスが加わり4件に。

3年目の2017年には、さらに4件。掲載するハウスが増えたけれど、閲覧数はまだ低調なままだった。

不動産のポータルサイトとしては、正直なところ最悪なスタートだったと言わざるを得ない。

これは、ひとえに僕のサイト運営が至らないことによる。

どうやって物件数を増やしていくのか。どうやって閲覧数を増やしていくのかというところの戦略が、圧倒的に抜け落ちていた。

この点に関しては、本当に反省点が多いし、今の時点であっても、もっと改善していかなくてはならない部分である。

しかし、そんな低調な動きが変わり始めたのが、4年目の2018年。

この年の新たな登録件数は7件。ようやく掲載物件が二桁になった。

これは、母子ハウス運営者による全国会議が、初めて行われたということが大きな理由だ。全国の運営者のみなさんと、顔を合わせて意見交換をすることができたことで、掲載数も増えていった。

翌5年目の2019年は6件の母子ハウスが新たに登録。

去年、2020年は9件と順調に増えていく。

そして、今年はこれまでに10件の新しい母子ハウスが新たに誕生して、マザーポートに登録されている。

着実に母子ハウスが広まっていることを感じるし、運営をしたい、立ち上げたいという熱意を持った方々が増えているということを数字でも肌感覚でも感じる。

ただ、合計すると、本来であれば40件の登録があるはずなのだけれど、現時点(2021年11月10日)での登録物件数は31件。

残念ながら運営を停止したり、廃業してしまった母子ハウスがあるということだ。このことからも、なかなか難しい母子ハウスの運営状況が垣間見える。

閲覧数の伸び

マザーポートを訪れてくれる人の数、そして閲覧数も物件数が増えるに従って、年々、右肩上がりで増えてきている。

さらに、昨年の5月からは急激に閲覧数が増え、今までにみたことのない伸びをみせた。

やはり、COVID 19の影響だと思われる。

それだけ、住まいを見つけようとしている方、住まいに困られている方が潜在的に増えていっているということだ。

この点は、単純に閲覧数が伸びたと喜べるものではなく、改めて居住支援の需要さ、大切さに身を引き締めなくてはならない。

シングルマザーシェアハウスの専用サイト「マザーポート」
https://motherport.net/


前回のはなし>>



秋山 怜史

一級建築士事務所秋山立花 代表/一級建築士
個人住宅の設計、保育園などの福祉施設の設計、集合住宅の設計、店舗の設計。
大学非常勤講師:横浜国立大学、東洋大学

理念:社会と人生に新しい選択肢を提案する。
人が生きていくうえで、選ぶことのできる選択肢がひとつ増えれば、その分だけ人生は確実に豊かなものになる。
秋山立花はそう強く信じています。
だから私たちは社会に、そしてひとりひとりの人生に、新しい選択肢を提案していきます。
豊かな未来を創っていくために、社会と人生にひとつでも多くの選択肢を。


出店資料請求

ヘルプ   403について   403でビジネス
住まいのオーダーメード館403とは
注文・お問い合わせについて
メールマガジン登録・解除
サイトマップ
  会社概要
403新宿ギャラリー
スタッフルーム
403海外(上海・ソウル・ホーチミン)
  住まいのオーダーメード館403 出店用ガイド
リフォーム建材研究会
403出店 資料請求
無料リンク集登録(工務店・設計事務所等)

このページの上へ戻る