有限会社 岩井工業所
(いわいこうぎょうしょ)

登録業者No. G-0459
ひさしの総合メーカー岩井工業所とは



ひさしの総合メーカー岩井工業所とは鋼板製の庇(ひさし)のメーカーです。
1974年昭和49年初代社長 岩井嘉章が出張先の四国のタクシーの中でひらめきました。
開発当初に北陸で大ブレーク
1979年有限会社岩井工業所として法人を設立しました。

有限会社 岩井工業所 927-0434 石川県鳳珠郡能登町崎山3-16
TEL0768-62-3345 ファクス0768-62-4176
創業 1959年9月1日 設立 1979年9月1日


開発した当初の製品

これが雪国ひさし昭和バージョン。
ひさしの総合メーカー岩井工業所のオリジナル製品です。
この製品は今でもひさしのベストセラー。
デビューから40年近く経った現在でも北陸を中心に日本中に見つけることができます。




ひさしの総合メーカー岩井工業所の社長



現在の代表取締役岩井久美は1962年11月生まれ
石川県能登町の総合病院で産まれて家に来たところすでに祖父に久美と命名されて神棚に名前が張ってあった。



2013年3月31日代表取締役就任しました。
ひさし(庇)の総合メーカー岩井工業所を日本に広めることを使命として代表取締役岩井久美は自らキャラ設定。


すべての窓にひさしを付けよう

日本の最近の洋風住宅は庇(ひさし)がないと少しの雨でも室内に降り込んでしまう不便があります。

というのは西洋の住宅の外観だけを取り入れたデザインの家は西洋のレンガや石造りの家と違って窓が壁の厚みの分引っ込んではいなくて窓が外壁とほとんど同じ面になるからです。
洗面所やトイレの窓、掃出し窓、2階の書斎の窓など開け放して油断しているとちょっとした雨に降込まれて困ったことはありませんか?
木製の窓枠やカーテン、障子、じゅうたん、床など雨に濡れて建物が傷む原因になります。
窓にひさしが付いていればとっさの雨に降込まれる心配が入りません。
手の届きにくい高さの窓も汚れが付きにくくなるので掃除も楽になります。
窓の手すりやフラワーボックスなども濡れないので便利になります。

岩井工業所のスタンダード製品は昭和48年生まれ。
洋風ひさしへいせいは平成元年1月23日生まれ。
へいせいマークツーは洗練されたデザインでハウスメーカーや積雪地向け。
アプローチ600は出幅が600mmの大きいタイプ。
もっと出幅をのリクエストにお応えしたのがアプローチ750。
アプローチ1000も新登場。

ひさしを日本で最初に後付したのは岩井工業所です。
昭和58年頃より、プレハブ住宅に後付用キャップを用いて後付したのが最初です。
最近では庇(ひさし)のない住宅が多くなり不便を感じることが多くなりました。
そんなときに庇(ひさし)を後付すれば簡単に快適で美しい住宅になります。

勝手口や玄関にも庇(ひさし)を付ければ雨の日の出入りがとても楽になりますよ。荷物や傘を持って出入りするとき、ゴミ出しするときなど庇(ひさし)の下に物が置けて便利になります。
ドアの取っ手や郵便ポスト、表札まで庇(ひさし)を伸ばせば雨ざらしにならないので玄関や勝手口もキレイで長持ちします。
また支柱やアームを使わないので軒下が広く使えます。




ヘルプ   403について   403でビジネス
住まいのオーダーメード館403とは
注文・お問い合わせについて
メールマガジン登録・解除
サイトマップ
  企業情報
403新宿ギャラリー
社長のブログ
新宿御苑前のオーダー建材ショールームスタッフ日記
  住まいのオーダーメード館403 出店用ガイド
リフォーム建材研究会
403出店 資料請求
無料リンク集登録(工務店・設計事務所等)

このページの上へ戻る