松岡在丸の著書、お読みください。  あなたの家づくりを根底から変える本


ご利用ガイド   オーダー相談   無料メルマガ登録   403新宿ギャラリー   会社案内 ⇒403に出店する

■新築・リフォーム工事新築住宅 

商品のお問い合わせ

一般社団法人 22世紀日本の家協会

03-5325-4470

商品のお問い合わせ

一般社団法人 22世紀日本の家協会

03-5325-4470
東京都新宿区西新宿6-12-7-506


受付時間:9:00〜17:00

定休日:土、日、祝日
 

あなたの家づくりを根底から変える本

松岡在丸の著書、お読みください。


松岡在丸の著書、お読みください。

403掲載商品No. G-0487_008

 






この商品は一般社団法人 22世紀日本の家協会の取扱商品です。
オーダー
TEL:03-5325-4470

商品から探す>>新築・リフォーム工事 新築・リフォーム工事 新築住宅 
       
「設計コンサル」 なら 「一般社団法人 22世紀日本の家協会」へ!


大震災に勝つ! 100年持つ! 最高の木造住宅を「安く」「無垢材」でつくる方法

住まいを確立するということは、単に寝床を確保すればよいということではありません。

単に一度の大地震で家が倒壊しなければ十分、ということでもありません。

何度地震が来ても、どんな大きな災害が生じても、それまでと同様に快適に生活できる空間として維持されるということを確立する必要があるのです。

3.11以後も、何も変わらない住宅広告に唖然

皆さんもお気付きでしょうか。
3.11の東日本大震災以前・以後で、新聞等に挟まれている住宅広告を見比べてみてください。

あれだけの苦痛を経験し、その痕跡は決してぬぐえていないにも関わらず、住宅の強さ、住まいのあり方、そして家族の絆や幸福の定義付けなどがほとんど何も変わっていないんです。

住宅をつくる専門業者である住宅メーカーや工務店は、実際には何も知らないユーザーと意識レベルが同じぐらいであり、建築業者そのものが、実際に「いい家」に住んでいないので、提案内容が変わらないのです。

あなたもそれでよいのでしょうか?

家を失うということは何を意味するのでしょうか。
逆に、住まいをつくるというのは何を意味するのでしょうか。

『このままではいけない』

そう思い、私、松岡在丸(まつおかさいまる)は決意しました。
家づくりに対する意識をもっともっと正しい方向に導かなければならない、そのためにユーザーにとって本当に助けになる、真の指針となるものを提供しなければならない。

2011年11月24日、新刊を発行いたしました。

クリスタル・ハウス松岡邸の住人の声

この本の特色の一つは、2009年に完成し、実際にそこに住んでいる松岡の家族の生の声がインタビュー掲載されていることです。

「家」を単なるハード面から語るのではなく、重要なのはそこに住む人たちのライフプランという「ソフト面」であるということに注目し、家の建て方だけではなく「使い方」を意識したプランニングの仕方を学べる、他にはないアプローチの本になっています。

もっと「いい家」ができる

根本的に違うアプローチ

家づくりで大切なことは何なのでしょうか?

いい家というのは、工法の問題でもないし、材料の問題でもないし、プランの問題でもないのです。
なぜならば、「いい家」を正しい方法で追求していくとき、工法・材料・プランは、それぞれ自動的に定まっていくからです。それでもそこにはちゃんと個性が反映されていきます。

あなたの「家づくり」に対する姿勢は?

日本にたくさんの住宅会社があるにも関わらず、どの家もほとんど同じ。
何が同じなのでしょうか。それは、25年もすれば建て替えをしなければならないという事実です。

海外の住宅との一番大きな違いである「住宅寿命」に対し、違いを明確に打ち出せる建物を造っている建築従事者というのは本当に少ないのです。

それでこの本を執筆しました。
これまで、25年でダメになる住宅の中から「何が一番いい家なのか」と考えていたユーザーが、「100年使える家を建てるということはこれだけの経済的メリットがあったのか!」と驚き、それとともに最高度の頑丈さや広さ、明るさ、節電を実現できることを知り、他の住宅ノウハウ本とは明らかに異なる内容であることに感動してくださっています。

この本は、具体的な商品の営業ではなく、あなたの家づくりに対する姿勢を180度変える本なのです。

発刊当初、「これはまさしく、松岡さんのこれまでの取り組みの集大成であり、今までの家づくりの進化版ですね」と、あるユーザー様から声をいただきました。

ぜひとも、家づくりを真剣にお考えの皆様には熟読していただきたいと自負しております。

女性のための賢いイギリス伝統の家づくり

イギリス風の建物やライフスタイルにあこがれて、『英国風』という言葉で住まいや生活の様々な情報を得ている方はたくさんいます。

なぜイギリス風の暮らしというのは優雅なのでしょうか。
どうして英国風の住宅というのはあのように風情があるのでしょうか。

ロングライフという概念の家づくり

英国の風情というのは、建物の歴史にあります。
日本でも東京や横浜の歴史ある建物を見ると、そこに独特の風情というのを感じるのではないでしょうか。

建物だけでなく、土地の利用も優れています。
たとえばイングリッシュガーデンのような文化の発展を見ても理解できますよね。
日本にも日本庭園や盆栽の文化など、共通する部分があります。

そこには、長く暮らすための器としての土地と家があります。
そしてその場所・建物に長く暮らすためには、その空間が人と人との絆を深めるものとならなければなりません。

建物を長く使うには?

イギリス風の暮らしは、骨組みがしっかりした建物を建てて設備等は時代に合わせて換えて行きます。
つまり、骨組みとなる構造躯体こそが建物そのものであり、これをしっかり長持ちするものにし、なおかつその構造躯体をインテリアやデザインに活かします。

日本でも可能な『英国風』の構造躯体

100年規模で長持ちするイギリスの建物の共通点は、どれも柱や梁が骨太。
構造躯体一本一本の太さが日本の柱や梁の2倍から3倍。
断面積で言えば実に4倍から9倍ということになりますよね。

この本には、イギリス伝統の構造躯体であるヘビーティンバーフレームを日本で採用して家づくりをされた方々の生の声をプラン図や写真とあわせてたくさん収めています。

表面ばかりにとらわれがちの『英国風住宅』ですが、その頑丈な構造躯体による家づくりにまつわる家族の記録は、この類の書籍としては稀なこととして「構造躯体は苦手」という女性にも喜んでいただける書籍となりました。

すでに家を建ててしまってから読むと後悔すると言われる本。
ぜひとも住宅購入に踏み切る前にご一読ください。

住宅で失敗しないための7つの自己防衛策

「欠陥住宅を見抜くためにはどうしたらよいでしょうか?」
これは、一見簡単なことです。
買う前に住宅について十分勉強して、住宅の良し悪しがわかるようになればいいのですから。

ところが、『住宅について勉強しよう』と思っても、実は、消費者のための情報が、ほとんどないのです。

よく雑誌に載っている『住宅で失敗しない方法』というのは、結局、広告主である住宅メーカーを怒らせないために、オブラートで何重にもくるまれた情報だったのです。

あなたは、住宅を購入する準備が本当に出来ていますか?

たとえ金銭的に余裕があったとしても、それだけで「準備が出来ている」とは言えません。

ほとんど知識もないまま工務店や住宅メーカー、不動産業者と契約してしまい、大きな損失を被っている方々が実にたくさんいるんです。
「住宅とは?」「家づくりとは?」ということを何も知らないまま…。

いい家に暮らしていると何千万円も得をする

いい家の耐久性と寿命は、そうでない家とは大きく異なります。
結果としてローン地獄から開放される可能性も高くなり、その時期も早くなります。

でも、この本を読んでからモデルハウスや工務店の現場見学会に行けば、何を質問したらいいのか、どこを見ればよいのか、ということが手に取るようにわかってきます。

『第1章「営業マン・住宅展示場」にダマされない!最強質問法』では、
実際にユーザーが経験したことのある、また経験するであろう営業マンへの営業手法に対処する裏技や住宅展示場で営業マンから真実を引き出す質問法を書いています。

その他、
『第2章「カタログ・チラシ」のウソを見抜く法』
『第3章「間取り・プラン・シックハウス」で悩んでいる人必見!』
『第4章「見積もり・工事費用・土地」出された価格が妥当かどうか?わからない人必見!』
などのトピックでは、実際に住宅購入や家づくりに入る前にしっかりと業者に対して自分が「出来る客だ」と思われるための秘訣がまとめてあります。

『第5章 いいものを長く使う!豊かさの原点を学んだイギリスの家』では、
先ほどから私が述べている「いい家と悪い家を見抜く方法」のヒントが書かれています。

『第6章 住宅で失敗しないための七つの自己防衛策』は、いよいよ、学んだ事柄の実践となる章です。
この部分は、住宅購入時の心構えとして今でも通用する『バイブル的参考書』とも呼ばれています。

まずは一度、この著作『誰も書かなかった!住宅で失敗しないための7つの自己防衛策〜あなたも、いい家と悪い家が正確に見分けられるようになる!』をお読みください!



※掲載商品の色は、撮影条件などにより実際の商品の色と多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

この商品のご注文・お問い合わせは業者さんが直接ご返答いたします。下記の連絡先もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。

東京都の 「設計コンサル」 なら 「一般社団法人 22世紀日本の家協会」へ!
一般社団法人 22世紀日本の家協会
東京都新宿区西新宿6-12-7-506

電話でのご注文
03-5325-4470
担当:松岡まで
担当者の写真
お気軽にご相談ください
ご注文/お問合せ/カタログ・資料請求

商品の お問合せ/カタログ・資料請求/ご注文:

ご注文

お問い合わせ

カタログ・資料請求(ご用意がない場合もございますので、ご了承ください。)
    ※カタログ・資料請求をご希望の方はメッセージ欄にお届け先住所のご記入をお願いいたします。

お名前:※必須

メールアドレス:※必須 半角英数字で入力して下さい

電話番号:※半角数字。ハイフンを入れて下さい

メッセージ(ご質問事項・注文内容・お届け先など):※必須

お客様のメールがgmailやYahooメールなどの場合、「order403.com」からのメールが迷惑メールフォルダに入っている場合があります。

メールが届かない場合は、03-3358-8843(403事務局) までご連絡ください。

403に出店

ヘルプ   403について   403でビジネス
住まいのオーダーメード館403とは
注文・お問い合わせについて
メールマガジン登録・解除
サイトマップ
  会社概要
403新宿ギャラリー
スタッフルーム
403海外(上海・ソウル・ホーチミン)
  住まいのオーダーメード館403 出店用ガイド
リフォーム建材研究会
403出店 資料請求
無料リンク集登録(工務店・設計事務所等)

●商品から探す
照明 |  テーブル・椅子・ベッド |  収納家具・棚 |  仏壇・神棚 |  インテリア装飾 |  カーテン・ブラインド |  内部ドア・建具 |
外部ドア・サッシ |  床・壁・天井・階段 |  キッチン |  浴室・洗面・トイレ |  冷暖・換気・給排・通信 |  音響・防音・断熱 |  防犯・防災 |
屋根・外壁 |  エクステリア |  塗料・塗装・補修 |  木材・石材・ガラス・金属 |  金物・工具 |  基礎・構造体 |  調査・診断 |  お掃除・消臭 |
生活雑貨 |  ペット |  住宅相談・コンサルティング |  設計・デザイン |  古民家・ログ・トレーラー |  新築・リフォーム工事 |  不動産 |
セール・割引商品 |

●部屋から探す
玄関 | 廊下・階段 |  リビング | ダイニング |  キッチン | トイレ |  浴室 | 洗面 |  寝室 | 書斎 |  和室 | 子供部屋 | 
屋根・外壁 | エクステリア |  店舗・オフィス・集合施設 |

●目的から探す
修理・メンテナンス | エコ | 健康 |  自然素材 | バリアフリー・高齢者 |  防犯・防災・耐震 | 調査・診断 | DIY |  便利・アイディア商品 |
伝統工芸 |  デザイナー | ギフト |  輸入品 | 特許・認定 |  キッズ | 賃貸オーナー |  ショールーム |


このページの上へ戻る