構造躯体に「ホウ酸材」を使う背景と提言  大切な家を守るための一番重要なのは、家全体を支える柱、梁等の構造躯体です。


ご利用ガイド   オーダー相談   無料メルマガ登録   403新宿ギャラリー   会社案内 ⇒403に出店する

■基礎・構造体特殊材木  ■木材・石材・ガラス・金属木材 

商品のお問い合わせ

一般社団法人 22世紀日本の家協会

03-5325-4470

商品のお問い合わせ

一般社団法人 22世紀日本の家協会

03-5325-4470
東京都新宿区西新宿6-12-7-506


受付時間:9:00〜17:00

定休日:土、日、祝日
 

大切な家を守るための一番重要なのは、家全体を支える柱、梁等の構造躯体です。

構造躯体に「ホウ酸材」を使う背景と提言


構造躯体に「ホウ酸材」を使う背景と提言

403掲載商品No. G-0487_001

 
商品価格(消費税は含まれません)

¥ 50万円/棟 が目安


支払い方法:その他(ご相談)

材質:ホウ酸処理材





この商品は一般社団法人 22世紀日本の家協会の取扱商品です。
オーダー
TEL:03-5325-4470

 販売実績:
商品から探す>>基礎・構造体 基礎・構造体 特殊材木 
商品から探す>>木材・石材・ガラス・金属 木材・石材・ガラス・金属 木材 
     
「設計コンサル」 なら 「一般社団法人 22世紀日本の家協会」へ!


協会代表 松岡在丸からのメッセージ

「いい家」を作るためには何が必要なのか?

私たちにっとっての「いい家」の条件とはいったい何でしょうか?
立地や間取り、広さや価格などさまざまな項目が構成要素にありますが、「いい家」の条件とは「家族が幸せに暮らし、互いに成長しあえる場であること」だと私は考えています。
人が暮らす家は、単に寝起きをする場所ではありません。
家族の安全を守り、よりよい暮らしへといざなえる場である事が住宅には求められます。
「いい家」を作るための、最低条件として以下の3つが必要だと私は挙げます。

  1. 建物が丈夫で長く持ち、かつコストがたくさんかからないこと
  2. 家の中が快適に暮らせる住環境であること
  3. コミュニケーションの大切さを理解・実践していること

家は一生ものの買い物です。まず、長持ちしなければ意味はないですし、メンテナンス等の費用も踏まえて将来的にもコストがたくさんかからないというのは当たり前の条件になります。
コストが抑えられれば、教育や家族との時間により多くのコストをかけることが可能になります。
次に家の中が快適に暮らせること。日当たりが悪く湿気の多い家では病気がちになりますし、年を重ねればバリアフリー概念も必要になります。
長い目で見て、快適で使いやすい間取りや内装であることが家に対する愛着にもつながってきます。
そして、この2つが整って初めて、家族とのコミュニケーションが大切にできる場が生まれます。
子どもと語り合い、向き合う機会を作ることで、子どもだけでなく親自身も成長していきます。
安全・安心な環境があってはじめて、明るい未来を切り開くことができるのです。

構造躯体がなぜ重要なのか?

大切な家を守るために一番重要なのは、家全体を支える柱、梁等の構造躯体になります。 阪神大震災や熊本地震で倒壊した家は、シロアリなどによって構造躯体が弱くなってしまっていたことが主な原因だと、当協会では分析しました。

例え、大きな地震によって屋根瓦が崩れたり、外壁に亀裂が入ったりしても、構造躯体がしっかりしていれば、壊れた箇所のメンテナンスだけで済みます。

しかし、構造躯体が悪い状態になっていると、メンテナンスだけでは対応できず、建物自体を取り壊して新たに作り直す必要性がでてきます。
構造躯体が丈夫でなければ、建物が取り壊されるリスクが増えますし、立て直す機会が増えればコスト面の問題だけでなく、地球環境も悪化させる要因になります。

国土全体が多くの森に囲まれている日本において、家を建てるための木材はいつでも手に入れることができました。大きな神社やお城などは別ですが、一般の住宅では古くなった家は取り壊して、新しい家を建てればいいというのが当たり前の考えでした。

これは、戦後の高度経済成長の際、大量に建てられた住宅が、まだ住めるにも関わらず多く取り壊されてきたことからも伺えます。
一方、資源の少ない国では一度建てた家をメンテナンスしながら、何世代にも渡って使うという考えが当たり前になっています。
驚くべきことに、日本の住宅寿命は27年なのに対し、アメリカでは100年以上が当たり前。 イギリスに至っては平均140年という数字になっています。
産業革命の時代に建てられた住宅に、イギリスでは今も普通に住んでいるというのに驚かされます。

シロアリは空からやってくる

アメリカカンザイシロアリが確認されている代表的な地域(関東地方)
川越市、ふじみ野市、三芳町、立川市、中野区、江戸川区、市川市、船橋市、袖ケ浦市、木更津市、川崎市、横浜市、横須賀市、鎌倉市

わが国で一般的なヤマトシロアリなどの地下シロアリは地中に大きな巣をつくり、土台など床下部分から住宅に侵入してくることが多いのですが、アメリカカンザイシロアリは空から住宅に侵入し、小屋裏の梁など乾燥した木材の中に直接巣を作ります。

土壌からの水分を必要としないのでカンザイ(乾材)シロアリと呼ばれています。

カンザイシロアリは桧が大好きなので、桧と言えど無処理材は危険です。
これを防ぐには住宅の屋根部分を含む全部の構造材と全部の下地材に防蟻処理が必要です。

現在、一番簡単で確実な方法は、プレカットした段階で、全部材にホウ酸処理をしておくことです。

これにより全部材の継手、仕口、ボルト穴、ほぞ穴などまで、表面を完璧にホウ酸処理できます。

アメリカカンザイシロアリ蔓延地域が拡大する現在、新築物件にはおすすめです。

丈夫な構造躯体を作る「ホウ酸材」

世界と日本の住宅寿命にこれほど開きがあるのは、単に文化の違いだけではありません。

あまり知られていませんが、アメリカやニュージーランド、オーストラリアでは材木にホウ酸をしみこませた「ホウ酸材」を使うことで、国策としてここまで長い間住める住宅を実現しているのです。

あまり聞きなれない「ホウ酸材」という言葉ですが、ホウ酸をしみこませた材木には構造躯体としてのさまざまな利点があります。
まず、木材を劣化させるシロアリやカビ菌、木材を腐らせる木材腐朽菌を防ぐ効果があります。

また、耐火・難燃性が高いほか、薬剤自体は人体には無害で、現在の防蟻材や防腐処理材と比べてもリーズナブルという利点があります。

さらに、薬剤の浸透技術の向上により、薬剤の効果も変わらず塗り直しの必要もなくなり、メンテナンス費用もかからなくなりました。

世界的なスタンダートであるホウ酸材ですが、不思議なことに、建材の豊富な日本ではあまり普及していないのが現実です。

かつては、水に弱いというホウ酸の弱点はありましたが、近年の技術革新により工場でホウ酸を木材の中心部まで薬剤をしみこませることができるようになり、日本より高温多湿なアメリカ・カリフォルニア州でも当たり前のように使われるようになりました。

しかし、現在の日本において、構造躯体を守る防蟻剤・防腐剤は表面に塗るだけの農薬系化学薬品が未だに中心になっています。
数年ごとに屋根裏や地下に入って塗り直しの作業が必要になり、時間もコストも膨大にかかる農薬系化学薬品がなぜ続けられているのでしょうか。

それは、一度決めたら変えられない日本のルールに一因があると私は考えます。
ひとつの市場として確立してしまった以上、ルールを変えればその市場がなくなってしまいます。
しかし、一部の市場を必死に守るためにルールを変えずに、ユーザーばかりが損をする社会が果たして許されていいのでしょうか。

ホウ酸処理木材のメリット

  1. 防蟻
    (構造材を食べるシロアリには有害なため)
  2. 防腐・防カビ
    (木材を腐らせる木材腐朽菌やカビ菌に有害なため)
  3. 耐火・難燃
    (ホウ酸を含むことで木材自体が燃えにくくなるため)
  4. 効果が変わらない
    (表面に塗るのではなく、ホウ酸を木材全体に浸透させているため)
  5. 塗り直しが不要
    (揮発・溶解しないため、再処理の必要がないため)
  6. 価格がリーズナブル
    (1棟当たり50万円程度/35年ローンの場合、月々1200円程度)
  7. 人体に無害
    (水に溶けても人間には体内でホウ酸を処理できるため)

協会が掲げる、ホウ酸材の3つの日本初

ホウ酸材が持つ機能性や利便性を普及するにあたり、私たちは世界中の研究データや臨床実験等をもとに、日本国内において安全だと断言できるホウ酸材に対する基準を作りました。

安全を保障できる基準を作ったことで、私たちが新たにルールを生み出しました。
これは日本初の取り組みです。

さらに、耐震等級3を取得したうえで、ホウ酸材注入証明書から構造材の生涯保証書を発行し、建て主が亡くなった先も残された家族が安心できる状況を作りました。

これらの条件やルールを生み出すことが、よりよい家を作るための必須条件になると私たちは考えます。

また、いい家づくりにはさまざま知識が必要になります。
暮らしやすい間取りや経年によるリフォームしやすい事前設計、安くて丈夫な建材の選び方など、住宅に関するセミナーや勉強会、サイトでの情報提供なども行っています。

私たちにとって、大切なことは子どもたちの未来です。
私たちは22世紀日本の未来の子どもたちの安心した生活を生み出そうと思っております。

一般社団法人 22世紀の家協会
代表理事 松岡 在丸

お問い合わせ


※掲載商品の色は、撮影条件などにより実際の商品の色と多少異なる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

この商品のご注文・お問い合わせは業者さんが直接ご返答いたします。下記の連絡先もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。

東京都の 「設計コンサル」 なら 「一般社団法人 22世紀日本の家協会」へ!
一般社団法人 22世紀日本の家協会
東京都新宿区西新宿6-12-7-506

電話でのご注文
03-5325-4470
担当:松岡まで
担当者の写真
お気軽にご相談ください
ご注文/お問合せ/カタログ・資料請求

商品の お問合せ/カタログ・資料請求/ご注文:
ご注文

お問い合わせ

カタログ・資料請求(ご用意がない場合もございますので、ご了承ください。)

お名前:

メールアドレス: ※半角英数字で入力して下さい

電話番号:

備考(質問事項・注文内容・お届け先など):

お客様のメールがgmailやYahooメールなどの場合、「order403.com」からのメールが迷惑メールフォルダに入っている場合があります。

メールが届かない場合は、03-3358-8843(403事務局) までご連絡ください。

403に出店

ヘルプ   403について   403でビジネス
住まいのオーダーメード館403とは
注文・お問い合わせについて
メールマガジン登録・解除
サイトマップ
  会社概要
403新宿ギャラリー
スタッフルーム
403海外(上海・ソウル・ホーチミン)
  住まいのオーダーメード館403 出店用ガイド
リフォーム建材研究会
403出店 資料請求
無料リンク集登録(工務店・設計事務所等)

●商品から探す
照明 | テーブル・椅子・ベッド |  収納家具・棚 | 仏壇・神棚 |  インテリア装飾 | カーテン・ブラインド |  内部ドア・建具 |
外部ドア・サッシ | 床・壁・天井・階段 |  キッチン | 浴室・洗面・トイレ |  冷暖・換気・給排・通信 | 音響・防音・断熱 |  防犯・防災 |
屋根・外壁 | エクステリア |  塗料・塗装・補修 | 木材・石材・ガラス・金属 |  金物・工具 | 基礎・構造体 |  お掃除・消臭 | 生活雑貨 |
ペット | 住宅相談・コンサルティング |  設計・デザイン | 古民家・ログ・トレーラー |  新築・リフォーム工事 | 不動産 |  セール・割引商品 |

●部屋から探す
玄関 | 廊下・階段 |  リビング | ダイニング |  キッチン | トイレ |  浴室 | 洗面 |  寝室 | 書斎 |  和室 | 子供部屋 | 
屋根・外壁 | エクステリア |  店舗・オフィス・集合施設 |

●目的から探す
修理・メンテナンス | エコ | 健康 |  自然素材 | バリアフリー・高齢者 |  防犯・防災・耐震 | DIY |  便利・アイディア商品 | 伝統工芸 | 
デザイナー | ギフト |  輸入品 | 特許・認定 |  キッズ | 賃貸オーナー |  ショールーム |


このページの上へ戻る