ご利用ガイド   オーダー相談   無料メルマガ登録   403新宿ギャラリー   会社案内 403に出店したい方   出店業者専用

おうちで楽しむ和のくらし 第25話


おうちで楽しむ和のくらし 第24話
10月 寒露・霜降

おうちで楽しむ和のくらし 第23話
8月 立秋・処暑

おうちで楽しむ和のくらし 第22話
7月 小暑・大暑

おうちで楽しむ和のくらし 第21話
6月 芒種・夏至

おうちで楽しむ和のくらし 第20話
5月 立夏・小満

おうちで楽しむ和のくらし 第19話
4月 清明・穀雨

おうちで楽しむ和のくらし 第18話
3月 啓蟄・春分

おうちで楽しむ和のくらし 第17話
2月 立春・雨水

おうちで楽しむ和のくらし 第16話
1月 小寒・大寒

バックナンバー



 

10月 寒露・霜降

寒露(かんろ)



秋の夕暮れは、よく釣瓶落としと言われます。
釣瓶(つるべ)とは、井戸から滑車で水を汲み上げる桶のことです。
釣瓶がスルスルと井戸の中へ落ちていく様が、日が傾いたと思ったら、 あっという間に暮れる秋の日の沈む早さと似ていることから、そう呼ばれるようになったようです。
先月9月前半は、露が降り白く光ることから「白露」と呼ばれましたが、10月になると、降りた露は冷たい空気で冷やされ、冷たい露となります。
その冷たく感じられる露から、この時期は「寒露」と呼ばれます。
新暦では、10月8日頃から10月22日頃までです。

寒露の初候(新暦10月8日〜12日頃)
「鴻雁来る(こうがんきたる)」
北から帰行していた雁が、冬越しのために戻ってくる頃です。
雁は、鴨目鴨科の水鳥の総称で、繁殖地であるロシアから遥々4000キロを渡って、日本に飛んできます。
そして、日本に渡ってくる雁の約8割近くが、日本で越冬します。
その年初めて訪れる雁のことは、初雁(はつかり・はつかりがね)といい、秋の季語となっています。

寒露の次候(新暦10月13日〜17日頃)
「菊花開く(きっかひらく)」
菊の花が咲き始める頃です。
五節句の一つ、重陽の節句は旧暦の9月9日で、新暦では10月半ばのこの時期です。
この節句の主役は菊で、菊の花を生けたり、菊の香りを移した菊酒を飲んだりして、不老長寿を願います。
菊の花が盛りになるこの頃は、目でも下でも菊を楽しんだらよいですね。

寒露の末候(新暦10月18日〜22日頃)
「蟋蟀戸にあり(きりぎりすとにあり)」
秋が深まると、野にいた虫も人家に近づき、軒下で鳴くようになります。
初秋の頃には華やかだった虫の音も、次第に静かにゆっくり途絶えていきます。
日本人は虫の音にも季節や情感を感じ、歌にも詠んできました。
古今集の和歌にも「きりぎりす 鳴くや霜夜のさむしろに 衣肩しきひとりかも寝む」と読まれています。



霜降(そうこう)



霜降は、まさに字の如く「霜が降りる」ということです。
秋が深まると、朝晩ぐっと冷え込んで来て、露が冷気によって霜になって降りてきます。
霜は空気中の水蒸気が水になることなく、氷の結晶になることで生まれます。
空の上で出来た結晶が雪であり、地上で出来た結晶が霜となります。
夜晴れていると、放射冷却により地面が冷やされ、氷点下になると、空気中の水蒸気が凍結します。
この結晶がゆっくりと地面や草の葉に降りて来たものが、霜となります。
新暦では10月23日から11月6日頃までです。


霜降の初候(新暦10月23日〜10月27日)
「霜始めて降る(しもはじめてふる)」
霜が初めて降りる頃です。
北から初霜の便りが届き始め、朝晩はぐっと冷え込んできます。
霜が草に降りて白く光る様は美しいものですが、農作物には大敵です。
この時期になると農家は作物に藁やビニールをかけて、霜害を防ぎます。


霜降の次項(新暦10月28日〜11月1日頃)
「霎時施す(しぐれときどきほどこす)」
時雨は、秋から冬にかけ、降ったり止んだりする雨のこと。
四季の移り変わりがある日本には、季節や気候を表す言葉が豊かです。
雨に関する名称も、昔から沢山あり、時雨にも降り方や降る時間により、沢山の名前がつけられています。
その秋はじめて降るのは初時雨。ひとところに降るのを片時雨。横なぐりに降るのを横時雨。朝に降る朝時雨。夕方に振る夕時雨。夜に振る小夜時雨。
秋から冬への雨をも愛でて生きた日本人の思いが、時雨の名前からも感じられます。

霜降の末候(11月2日〜6日頃)
「楓蔦黄なり(もみじつたきなり)」
楓や蔦などが紅葉して、秋の山が彩られる頃です。
楓(カエデ)はムクロジ科カエデ属の木の総称で、紅葉する葉の代表格です。
赤く色づいた蔦も美しいものですが、ウコギ科の冬蔦は緑のままで、紅葉するのはブドウ科の夏蔦です。
楓や蔦をはじめ、様々な樹木が紅葉して、山が華やかに着飾るように見えることから、紅葉した山を「山装う」と言います。



日本の年中行事 紅葉と紅葉狩り



草木が赤や黄色に染まることを紅葉といい、その際には「こうよう」と読みますが、もう一つの読み方は「もみじ」です。
「もみじ」という言葉は、木の葉が赤や黄色くなる」という意味の動詞の「紅葉つ(もみつ)」や「黄葉つ」に由来するそうです。
この「もみつ」が次第に「もみづ」に変化し、その葉を「もみち」「もみぢ」と呼ぶようになり、紅葉を「もみじ」と呼ぶことが定着しました。
日本にはイロハモミジやヤマモミジなど、名前に「もみじ」が付くものもありますが、植物の分類学上は、カエデもモミジも同じカエデ科カエデ属の植物です。
赤や黄色に変わる草木は皆モミジであり、カエデは代表的なモミジの植物ということになります。
山野を錦に彩る紅葉を楽しむ風習は、奈良時代から始まったといわれ、紅葉を詠んだ歌は「万葉集」にも登場します。
平安時代には、紅葉を見に出かけたり、紅葉を愛でる宴も開かれるようになります。
江戸時代になると、庶民も紅葉を見て楽しむようになり、季節の行事として、根付いていきました。
ところで、桜を見るのは「花見」というのに、なぜ紅葉を見るのは「紅葉狩り」というのでしょうか?
元来「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていましたが、野鳥や小動物を捕まえる意味にも広がります。
更に果実を採取する意味にも使われるようになり、薬草を求める「薬狩り」や「きのこ狩り」なども盛んに行われたようです。
「狩り」をしなくなった平安時代の貴族たちが、紅葉を愛でる際、木の枝を手折ったり、葉を集めることを、「狩り」と呼んだからともいわれています。
「紅葉狩り」は、能や歌舞伎の演目にもあり、和歌や俳句にも詠われています。
深まる秋の「紅葉」を愛でる「紅葉狩り」、色々に楽しみたいですね。



十月のしつらい



十三夜も十五夜に負けず劣らず、美しい月が見られます。
旧暦の九月十三日は新暦の十月の中旬あたり。
十三夜の月を空でも風呂敷でも眺めながら、葡萄の実りをワインと一緒に楽しむのも又一興。


十月の風呂敷



北から紅葉がはじまり、錦秋という言葉がふさわしい頃、美しい紅葉をお手元にも。





 前回のはなし>>



つつみ純子
お茶の水女子大学卒/風呂敷文化研究家/和文化コンシェルジュ/エコ・クッキング・ナビゲーター/福祉住環境コーディネーター2級/NPO法人徳育と人間力育成研究所アドバイザー
「日本の伝統文化を身近に再発見する」をキーワードに、風呂敷を通して、日本人の知恵や文化をお伝えしています。
又、日本古来の「年中行事」や「四季のしつらい」、「伝統食育」など、日本の生活文化を伝える講演やワークショップも展開しております。
2011年には国際交流基金からポーランド・グルジア等に派遣され、文化交流事業の風呂敷講師として、大学・政府関係機関などで風呂敷講座を行いました。
国内のみならず海外の方々へも、風呂敷を通して日本文化と日本の心をお伝えして参りたいと思い、 オリジナル風呂敷「ふろしきぶる風呂敷」と「つつみフロシキブック」を製作しました。
2020年東京オリンピックでは「大江戸オリンピックは風呂敷でおもてなし」を提唱しています。
また研究し纏めてきた「ふろしき学」が、2015年より都立で単位認定のある授業に採用され、実施しております。
学校教育の中でも、ふろしき文化をこどもたちに伝えていきたいと思っています。
「ふろしきぶる風呂敷」を活用した風呂敷文化の普及及び販売が、東京都中小企業振興公社の支援を受けることになりました。


□URL http://www.furoshikible.com/
□blog http://ameblo.jp/11264ki/
□Facebook https://www.facebook.com/junko.tsutsumi.332






プロが教える雑学 index

おふろのはなし 片付け=捨てる
実践編
おうちで楽しむ
和のくらし
エネルギーも
天然でいこう
 
アロマのはなし テーブル
コーディネートの
はなし
商標登録のはなし  
 



アトラ50
補助金相談
ヒット商品開発のツボ
Q&A市場開発研究所
ISO9001認証取得のコンサルティング

403に出店

ヘルプ   403について   403でビジネス
住まいのオーダーメード館403とは
注文・お問い合わせについて
メールマガジン登録・解除
サイトマップ
  会社概要
403新宿ギャラリー
スタッフルーム
403海外(上海・ソウル・ホーチミン)
  住まいのオーダーメード館403 出店用ガイド
403出店 説明会
403出店 資料請求
無料リンク集登録(工務店・設計事務所等)

●商品分類検索
照明 | テーブル・椅子・ベッド |  収納家具・棚 | 仏壇・神棚 |  インテリア装飾 | カーテン・ブラインド |  内部ドア・建具 |
外部ドア・サッシ | 床・壁・天井・階段 |  キッチン | 浴室・洗面・トイレ |  冷暖・換気・給排・通信 | 音響・防音・断熱 |  セキュリティ |
屋根・外壁 | エクステリア |  塗料・塗装・補修 | 木材・石材・ガラス・金属 |  金物・工具 | 不動産 |  くらし | 設計・デザイン |
新築・リフォーム工事 | 構造体 |  ペットグッズ | 住宅相談・コンサルティング |  セール・割引商品 |

●部屋別検索
玄関 | 廊下・階段 |  リビング | ダイニング |  キッチン | トイレ |  浴室 | 洗面 |  寝室 | 書斎 |  和室 | 子供部屋 | 
屋根・外壁 | エクステリア |  店舗・オフィス・集合施設 |

●キーワード検索
修理・メンテナンス |  エコ | 健康 |  自然素材 | 高齢者 |  防犯・防災 | DIY |  便利・アイディア商品 | 伝統工芸 |  デザイナー | 
ギフト |  輸入品 | 特許・認定 |  キッズ | 賃貸オーナー |  ショールーム |


このページの上へ戻る