ご利用ガイド   オーダー相談   無料メルマガ登録   403新宿ギャラリー   会社案内 403に出店したい方   出店業者専用

おうちで楽しむ和のくらし 第17話

2月 立春・雨水

おうちで楽しむ和のくらし 第16話

1月 小寒・大寒

おうちで楽しむ和のくらし 第15話

12月 大雪・冬至

おうちで楽しむ和のくらし 第14話

11月 立冬・小雪

おうちで楽しむ和のくらし 第13話

10月 神無月

おうちで楽しむ和のくらし 第12話

9月 長月

おうちで楽しむ和のくらし 第11話

8月 葉月

おうちで楽しむ和のくらし 第10話

7月 文月

おうちで楽しむ和のくらし 第9話

6月 水無月

おうちで楽しむ和のくらし 第8話

5月 皐月

バックナンバー



 

2月 立春・雨水

立春(りっしゅん)



立春とは季節の変わり目である節分の一つで冬が終わる時です。
まだ寒さは厳しいですが、この頃から少しずつですが、春の気配がしてきます。
新暦では2月4日頃から18日頃です。

立春の初候(新暦24〜8日頃)
東風凍を解く(とうふうこおりをとく)」
春風が氷を解かしはじめる時期となりmです。
本来春風は南風のはずですが、なぜ東風と呼ぶのでしょうか?
中国の陰陽五行思想では春は東を司るから、春風は東風と呼ぶのだそうです。

立春の次候(新暦2月9日〜13日頃)
「黄鶯察覆Δ阿い垢覆)」
黄鶯擦箸蓮Å瑤山里で鳴き始めるという意味。
そのさえずりを耳にすると春を感じることから、うぐいすは「春告鳥」とも言われます。



立春の末候(新暦2月14日〜18日頃)
「魚氷に上る(うおこおりにあがる)」
春の兆しに氷も少しずつ緩んで割れ、魚も動き始めます。
元気のよい魚は割れた氷の間から跳ね上がるものも出てくる頃です。
この頃の溶けて薄くなった氷のことは薄氷(うすらい)といいます。美しい日本の言葉ですね。


雨水(うすい)



寒さが緩み、降るのが雪から雨に変わりはじめ、の雪もゆっくりと溶けだす頃。
農耕を始める目安の時期とされてきました。
新暦では2月19日頃から3月4日頃です。

雨水の初候(新暦2月19日〜23日頃)
「土脈潤い起こる(どみゃくうるおいおこる)」
堅く凍っていた土が雨で緩み、潤ってきます。
まさに大地が目覚め、草木を育む準備を始める音が土底からしてくるような時期です。

雨水の次候(新暦2月24日〜28日頃)
「霞始めて靆く(かすみはじめてたなびく)」
靆く(たなびく)とは、霞や霧が薄く横長に引くように空に舞うこと。
湿り気を持った南風が吹いて来て、山野がぼんやりかすんで見えるようになります。

雨水の末候(新暦3月1日〜4日頃)
「草木萌え動く(そうもくもえうごく)」
雪解け水で大地が緩み、次第に陽光も柔らかく差して来ます。
じっと冬の間に蓄えていた命の息吹が目覚め、萌え出ずる時期です。


日本の年中行事 針供養



普段から使っている針を休め、折れた古い針を供養する行事を針供養といいます。
使い終わった針は豆腐やこんにゃく、餅などに刺し,川へ流したり近くの社寺へ持ち寄って供養します。
多くの地域で二月もしくは十二月の八日に行われて来ました。

この風習は中国にあった「社日(土地神の祭日)に針線(針と糸、針仕事)を止む」という古い習慣が、日本に伝わって始まったといわれています。
いつ伝来したかは定かではありませんが、平安時代、清和天皇により、針供養のお堂が法輪寺に建立されたそうで、 9世紀後半には、日本で針供養の風習があったと考えられています。

現代では針を使うことは少なくなりましたが、昔は衣類をはじめ、身の回りのものは全て自分たちの手で縫いました。
針は毎日の生活に欠かせぬもので、一年中よく働いてきたのでしょう。
働き者だった折れた針、曲がった針を豆腐やこんにゃくに刺すのは、それまでの頑張りを労い、ゆっくり休んでもらうという気持ちから。
日本人はこんな風に、無生物である針にも命があると考え、生前の働きに感謝して手を合わせてきたわけです。

資源やものが足りないから大切に使う、というだけでなく、己を取り巻くすべてのものに感謝と祈りを込めて生きた、 日本人の思いが、この行事にも秘められています。


如月のしつらい



立春といえども、二月如月はまだ寒さがぶり返す時期。
ぴりりと冴えわたる大気の冷たさの中で咲く花は凛凛とかぐわしく美しいもの。
睦月は水盤に浮かべ楽しんだ椿、如月は好みの皿で一輪楽しみましょう。


如月のふろしき




二月は立春といっても、まだまだ寒さ厳しい時期。
雪が残る中でも、いち早く咲くのが梅です。
桜と比べ花は地味ですが、実に優雅に芳わしく香気を放つ梅の花は、春を待つ花の代表でしょう。




 前回のはなし>>



つつみ純子
お茶の水女子大学卒/風呂敷研究家・和文化コンシェルジュ/NPO法人江戸しぐさ正会員/食育文化研究家/エコ・クッキング・ナビゲーター/福祉住環境コーディネーター2級/NPO法人徳育と人間力育成研究所アドバイザー
「日本の伝統文化を身近に再発見する」をキーワードに、風呂敷を通して、日本人の知恵や文化をお伝えしています。
又、日本古来の「年中行事」や「四季のしつらい」、「伝統食育」など、日本の生活文化を伝える講演やワークショップも展開しております。
2011年には国際交流基金からポーランド・グルジア等に派遣され、文化交流事業の風呂敷講師として、大学・政府関係機関などで風呂敷講座を行いました。

国内のみならず海外の方々へも、風呂敷を通して日本文化と日本の心をお伝えして参りたいと思います。
2020年東京オリンピックでは「大江戸オリンピックは風呂敷でおもてなし」を提唱しています。


□URL http://www.furoshikible.com/
□blog http://ameblo.jp/11264ki/
□Facebook https://www.facebook.com/junko.tsutsumi.332






プロが教える雑学 index

おふろのはなし 片付け=捨てる
実践編
おうちで楽しむ
和のくらし
エネルギーも
天然でいこう
 
アロマのはなし テーブル
コーディネートの
はなし
商標登録のはなし  
 



アトラ50
補助金相談
ヒット商品開発のツボ
Q&A市場開発研究所
ISO9001認証取得のコンサルティング

403に出店

ヘルプ   403について   403でビジネス
住まいのオーダーメード館403とは
注文・お問い合わせについて
メールマガジン登録・解除
サイトマップ
  会社概要
403新宿ギャラリー
スタッフルーム
403海外(上海・ソウル・ホーチミン)
  住まいのオーダーメード館403 出店用ガイド
403出店 説明会
403出店 資料請求
無料リンク集登録(工務店・設計事務所等)

●商品分類検索
照明 | テーブル・椅子・ベッド |  収納家具・棚 | 仏壇・神棚 |  インテリア装飾 | カーテン・ブラインド |  内部ドア・建具 |
外部ドア・サッシ | 床・壁・天井・階段 |  キッチン | 浴室・洗面・トイレ |  冷暖・換気・給排・通信 | 音響・防音・断熱 |  セキュリティ |
屋根・外壁 | エクステリア |  塗料・塗装・補修 | 木材・石材・ガラス・金属 |  金物・工具 | 不動産 |  くらし | 設計・デザイン |
新築・リフォーム工事 | 構造体 |  ペットグッズ | 住宅相談・コンサルティング |  セール・割引商品 |

●部屋別検索
玄関 | 廊下・階段 |  リビング | ダイニング |  キッチン | トイレ |  浴室 | 洗面 |  寝室 | 書斎 |  和室 | 子供部屋 | 
屋根・外壁 | エクステリア |  店舗・オフィス・集合施設 |

●キーワード検索
修理・メンテナンス |  エコ | 健康 |  自然素材 | 高齢者 |  防犯・防災 | DIY |  便利・アイディア商品 | 伝統工芸 |  デザイナー | 
ギフト |  輸入品 | 特許・認定 |  キッズ | 賃貸オーナー |  ショールーム |


このページの上へ戻る